商品カテゴリー

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

ホーム > 大崎町とは

大崎町とは

温暖な気候と豊かな地下水に恵まれた、自然がいっぱいの大崎町をご紹介します。大崎町は、鹿児島県の東南部に位置し、志布志湾に面した約7キロにもおよぶ白砂青松の海岸線を持つ海・山・川などの豊かな自然に恵まれた美しい町です。鹿児島県は日本一のうなぎ生産地ですが、大崎町は特に養鰻が盛んな地域です。
魅力その1 ウミガメの産卵地 魅力その1 サブイメージ
大崎町の海岸では毎年アカウミガメが産卵のために上陸します。大崎町ではウミガメ保護監視員の方が中心となって監視活動を行い、毎年8月~9月ごろにウミガメの赤ちゃんの放流を行っています。
魅力その2 横瀬古墳 魅力その2 サブイメージ
古墳時代中期(5世紀後半)のもので、長さが129mあり、県内で2番目に大きい前方後円墳です。

明治時代に盗掘された際には、直刀、鎧、勾玉類が出土したと言われており、その後の調査では周濠の存在も確認されています。
魅力その3 あすぱる大崎 魅力その3 サブイメージ
あすぱる大崎は、温泉や宿泊、レストランでの食事も楽しめる公共の宿として平成10年8月にオープンしました。当館は、道の駅「くにの松原おおさき」に隣接し、休憩スポットとして人気が高く、平成18年5月に入浴客200万人を達成した大好評の大崎温泉「松韻乃湯」は、炭酸水素塩泉で、気泡湯や寝湯、橧風呂などを備えた大浴場や家族湯、日本庭園を模した露天風呂を完備しています。

気持ち良くあせを流してリフレッシュした後は、志布志湾から直送の海の幸や、地元産黒豚、大隅牛、メロンなどの土地の味をご賞味いただけます。
魅力その4 くにの松原 魅力その4 サブイメージ
数十万本もの数のクロマツが広がる海外線沿いの美しい松林です。日南海岸国定公園内に位置し、「日本の白砂青松100選」にも選ばれました。この地は神代からの日向の国、救仁の地として栄え、「くにの松原」と呼ばれて親しまれています。
このページのトップへ